赤ら顔の原因と治し方

赤ら顔と言っても色々あり、ニキビなど皮膚そのものの疾患が原因、血管が膨張してそこに流れる血液が見えてしまって赤く見えるなど色々あります。

 

血管が膨張して出来る赤ら顔の場合、軽症であれば食生活の改善、美白効果のあるビタミンC誘導体などを使ったスキンケアを行えば自然と治ってきますが、皮膚そのものの疾患の場合は、ニキビ跡などを治す必要があるのでこれも美白化粧品やビタミンCを摂取して治していくと良いでしょう。

 

吹き出物も無いのに赤ら顔と言う人は皮膚そのものが薄いことがあります。

皮膚が薄いから下に流れる血管が見えて赤ら顔が目立つわけですから、薄い皮膚を正常に戻すために、顔はごしごしと洗わず刺激の少ない化粧品を使う、紫外線対策、ビタミンCの摂取、ターンオーバーの正常化を頭に入れて正常化させるために頑張ってください。

 

軽症であれば皮膚も正常に戻りますが、顔全体が真っ赤かで何をしても治らないというときは皮膚科にいくと良いでしょう。

必要に応じて血液外科や形成外科を紹介されますが、民間療法で治療するよりはるかに効果的できちんと医者のケアが入るので、早期に治すことが出来ます。

 

赤ら顔を隠すために化粧を濃くすると逆効果ですし、出来ることを始めて一度自分の生活や食事を見直して肌にとって悪いと思われることは避けて生活してください。

赤ら顔をコンプレックスと捕らえる人が多いですが、適切な治療で元に戻るので頑張りましょう。

サブコンテンツ

このページの先頭へ