ニキビ撲滅!正しいスキンケアでふっくらとした美肌を取り戻そう!

ニキビ撲滅!正しいスキンケアで美肌を取り戻そう!

071

こんにちは。

今回は、ニキビを治す、とっておきの情報をご紹介します。

 

見ているだけでほっと安心するきれいな赤ちゃん肌。
でも、それは思春期に訪れる「ニキビ」によって台なしにされてしまいます。

 

赤くて痛くて、見た目にも気持ちにもよくないニキビ。
最新のニキビケアを徹底して、お肌のトラブルを解決しませんか?

 

ニキビとはホルモンと最近と皮脂が起こす毛穴の炎症のこと。
よって毛穴を清潔に保つことがニキビトラブル解消の第一歩となります。

 

point1洗顔方法

 

そのために必要なのは「正しい洗顔」。

 

ゴシゴシと磨くように顔を洗ってはいませんか?
肌にはとにかく、風船を洗っているかのようにやさしく!!
手のひらにも指先にも、力を入れてはいけません。

 

そして、最も重要なのは「泡立ち」。

 

べちゃべちゃな洗顔料でこするように顔を洗っては、皮膚を摩擦し刺激するだけです。
洗顔料の泡たてには、市販の泡たてネットを使いましょう。
少しの洗顔料で、モッコモコの泡をつくることができます。

 

その大量の泡だけで顔を包み込むようにして洗うのが、真の正しい洗顔です。

 

point2洗顔料

 

また、洗顔料も刺激の少ないものを選びましょう。
スクラブ剤などが入っているものはニキビがある時期には適しません。
より低刺激のもの、あるいはニキビ対策用の洗顔料を選びましょう。

 

私がいままで使ったものの中では、やはり「プロアクティブ」がいちばん良かったです。
ニキビへの殺菌効果があるので、より早い治りが期待できます。

 

point3化粧水

 

正しい洗顔をした後は、正しい保湿を行いましょう。
洗顔をして、清潔でふんわりとしたタオルで水分を吸い取った後、すぐに「化粧水」をつけます。
乾燥する間を与えずつけるのがコツです。
その商品ごとに決められた量を、ゆっくりと浸透させる気持ちで肌につけていってください。

 

point4薬用クリーム

 

化粧水で肌にうるおいを与えた後は、それにふたをするように適量の「クリーム」を塗りましょう。
油分がこわいからといって、この作業を怠ってはいけません。
適量の油分を与えないと肌は足りない油分を補うためにみずから油分を作り出してしまいます。

 

化粧水、クリームに関しても私が試した中では「プロアクティブ」が一番しっくりきました。
洗顔料、化粧水、クリームと、スキンケア用品はライン使いが重要なので、ご参考までに。

 

正しい洗顔、正しい保湿、正しいスキンケアで、かつての美肌を取り戻しましょう!

サブコンテンツ

このページの先頭へ