ニキビをきれいに治す方法

ニキビの原因と種類

063

私は、「ニキビ」ができるとついつい人に見られるのが嫌で、髪の毛でおでこや頬を隠してしまいます。

でもこれは逆効果なんです。

 

髪の毛のせいで細菌が発生しやすくなったり、刺激をうけることで敏感になっている肌にさらにトラブルがおきてしまいます。

 

肌は皮脂と水分が程よく分泌されていると健康な状態を保つことができますが、水分が少なくなって乾燥したり脂分が多くなると保護機能が低下するので、赤くなったり炎症をおこしたりニキビができたりします。

 

point1ニキビの原因

 

ニキビは毛穴に皮脂が詰っておこります。

皮脂は毛穴から分泌されていますが、分泌が多いと毛穴にたまりそこに古くなった角質などもたまってきます。

 

毛穴の表面が開いて中が見える状態を「黒ニキビ」、毛穴の表面が閉じている状態を「白ニキビ」と呼びます。

 

人の皮膚の表面や毛穴の中には常在菌といって様々な菌が住んでいます。

毛穴の中に多いのがアクネ菌といって皮脂を好む菌で、アクネ菌が増えていくことで肌が炎症を起こし赤く腫れてきます。

 

これが赤いぷつぷつした「赤ニキビ」になります。

 

ですからニキビを防ぐためには皮脂の分泌を抑えると共に、アクネ菌が増殖するのを防ぐことが大切です。

 

・黒ニキビ ・・・ 毛穴の表面が開いて中が見える状態

・白ニキビ ・・・ 毛穴の表面が閉じている状態

・赤ニキビ ・・・ アクネ菌が増えて肌が炎症を起こした状態

 

アクネ菌を防ぐためには殺菌力のある洗顔料で毛穴の奥まできれいにして、皮脂とアクネ菌を洗い流してしまうことが大切です。

また肌は皮脂と水分によって守られているので、化粧水で潤いをしっかり補給しましょう。

 

point2ニキビケア用品

 

ニキビに良い化粧水は沢山ありますが、「プロアクティブ」は、日本人の繊細な肌にも合います。

でもどんなに良い化粧品を使っていても使い方が良くないと効果は半減します。

 

特にニキビに悩む人は、皮脂をしっかり落として肌を清潔にしようと力を入れて顔を洗いがちですが、皮脂の落としすぎもよくありません。

私達の肌を守ってくれる大切な成分なのです。

 

洗顔料をよく泡立てて、泡で優しく洗ってあげましょう。

すすぐ時もすすぎ残しがないように丁寧に洗うのがコツです。

サブコンテンツ

このページの先頭へ