ニキビ種類別の対処法

a0007_000296

 

 

h4ニキビケアを真剣に考える人へ

 

 

10代のころにでき始めるニキビには誰でも一度は悩むものかと思います。
思春期の真っ只中で、ニキビには絶対になりたくないと思う人も多いでしょう。
それでも、ニキビがある日突然ぽつりとできてしまうことがあります。

 

ニキビにはいろいろなタイプがあり、色の違いから「黒ニキビ」、「白ニキビ」、「黄ニキビ」、「赤ニキビ」が主な種類として分類されます。

 

このうち、「黒ニキビ」に関してはお風呂上りなどの肌が柔らかな状態のときにきれいな麺棒などを二つ押し当てたりして潰しても大丈夫といわれています。

 

また、「白ニキビ」も中の白い栓が十分に表面に出てきてはっきりと白く見えるようならば同じようにして対処できます。

しかし、どちらも強くやりすぎたりすると皮膚に大きなダメージを与えてしまい、ニキビ跡が残ってしまうことがあるので注意が必要です。

 

黄ニキビ」と「赤ニキビ」に関しては、内部で化膿が起きていたり、炎症が起きている可能性があるためあまり外部から無理やりいじるのはよくありません。
どちらにしても、ニキビができないほうが良いことは確実なので、予防という観点から肌のケアを心がけるのが大事です。

 

最近ではテレビのコマーシャルでも有名な「プロアクティブ」でニキビをケアするローションも販売されています。
個人差はありますが、予防効果はもちろんのこと、ニキビ跡が目立たなくなってきた人や肌の色からくすみや黒ずみが減って白くなってきたという人もいます。

 

しかし、どうしても個人差があり必ずしも期待した効果がない場合もあります。
最初に一部の目立たない肌でパッチテストをするのも良いでしょう。

 

万が一お肌に合わない場合でも9年間も連続売り上げ第1位の実績のあるプロアクティブならば、安心して試すことができます。

もしも、ニキビで悩んでおられるならば「プロアクティブ」をお勧めします。

サブコンテンツ

このページの先頭へ