生理周期とニキビの関係

a0002_000292

 

毎日同じスキンケアをしているのに、肌のきめが整って調子がいい時と、乾燥したりニキビができたり肌の調子が悪い時があります。

それは「ホルモンバランス」によって、肌の状態が変化するからです。

 

女性は特に生理周期によってホルモンバランスが左右されます。

生理周期を整えるために、まずは規則正しい生活とバランスのとれた食事が大切です。

 

生理周期が整ってくると、いつ頃生理が始まるか、排卵日はいつ頃かわかるので、肌の調子がいい時と悪い時の周期も次第にわかってきます。

排卵日の前1週間は女性ホルモンである「エストロゲン」の分泌が高まり、最も肌の状態がいい時期です。

 

排卵日をすぎ、月経が始まる前の1週間が最もニキビのできやすい時期です。

肌の状態によって、スキンケアの仕方を変えることがとても大切になります。

 

ニキビができやすい時期にいかにニキビを作らないようにするか、そしてもし、ニキビができてしまっても、適切なケアをしていれば、跡を残さずきれいに治すことができます。

 

その時期におすすめなのは、「プロアクティブ」などのニキビ用の化粧品です。

ニキビを予防し、ニキビ肌でも優しくケアすることができます。

 

ニキビができやすい時期を乗り切ればまた排卵日前の調子のいい時期が必ずやってきます。

肌の調子が悪い時に、トラブルをなるべく最小限に抑えることができれば、今よりももっときれいな肌になれるはずです。

 

ニキビができたからと諦めないで、今は体がそういう時期だからちゃんとケアしようという気持ちで、前向きにニキビと向き合っていれば、きっときれいになれると思います。

サブコンテンツ

このページの先頭へ