思春期ニキビと大人ニキビの違い

a0007_000175

 

ニキビには10代で出来る「思春期ニキビ」と、20代以降にできる「大人ニキビ」の2種類があります。

 

思春期ニキビ」であれば成長ホルモンの分泌が原因であることが多いです。

若いときは治りも早く跡になりにくいので、「プロアクティブ」などのニキビ用化粧水で肌を清潔に保ち、バランスよく食べれば自然と治っていきます。

 

大人ニキビ」の場合は、ストレスや栄養不足が原因である事が多いですが、未だハッキリと理由は分かっていません。

 

特徴として、治り難く跡になりやすいので、ニキビができたら何よりも気に掛け、つぶれないように注意してください。
思春期も大人ニキビも基本の洗顔を間違っている人が多いので、普段から洗顔方法に気をつけ、化粧水や乳液で肌のコンディションを整えてあげ、肌のゴールデンタイムの内に就寝しましょう。

 

枕も毎日タオルをしくなどして清潔な物にして、ビタミンサプリを使いビタミンCやBを積極的に摂ってください。

 

大人ニキビはつぶれていなくても、炎症を起こして跡になることもあります。
市販の化粧品でニキビケアはある程度できますが、赤くて痛みのあるニキビになったのであれば、皮膚科に行って診察を受けた方が得策です。

 

ニキビ跡になると自然で治癒するにはかなりの時間が必要ですし、手術等をしないと簡単に治す事は出来ません。
出来ない事に越した事はないのですが、どれだけ気をつけていてもニキビは出来るものなので、出来た場合は焦らずケアしていきましょう。

サブコンテンツ

このページの先頭へ